狭山市入曽のバレエ教室 バレエスタジオエプリ

狭山市入曽のバレエ教室 バレエスタジオエプリ

椿姫

ボリショイバレエ・イン・シネマの椿姫を観てきた。主役のマルグリットは女王ザハーロワ。(写真はルテステュ)

ノイマイヤー版の椿姫は観るたびに必ず涙が出る。とても大好きな作品。

オペラ座のルテステュの椿姫ですっかりはまり、今回は古典でのあの女王然としたザハーロワが、どのようなマルグリットを踊るのかわくわく。結果やはりすばらしかった。相手役のアルマンはステファン・ビュリョンの方が好みだし、テクニックも少し劣るように思ったけれど、、ザハーロワは本当にマルグリットの人生を舞台上で生きていた。ぜひDVDにしてほしい!!!映画として舞台を撮影されているので、ダンサーの細かな表情やしぐさ、足さばきなども間近で観られてとても嬉しかった。劇中劇のマノン役のバレリーナ、そしてボリショイバレエの男性陣にも感動。

驚きだったのは、男性客がとても多かったのと、隣席の男性も泣いていたこと。いつも黒のパドドゥあたり以降涙が出てくるのだが、気づいたら隣から、かすかにすすり上げるような音が。やっぱり感動するよね!と心中快哉。

渋谷の殺人的な雑踏と週末の電車の酒臭さを我慢してでも観に行った甲斐があった。来週はマイヨー版のじゃじゃ馬ならし。これも楽しみ!!